ニューホライズン 和訳 [1年 2年 3年] 全Unitと単語の意味


中学校用の英語教科書であるニューホライズンの和訳を無料,0円で公開しています。

1年 2年 3年と学年別で、NEW HORIZON 全てのUnitを単語の意味を確認して勉強・予習することができます。

最初に、和訳を見たい学年とUnitを選んでください

1年2年3年
Unit1Unit0Unit0
Unit2Unit1Unit1
Unit3Unit2Unit2
Unit4Unit3Unit3
Unit5Let’s Read1Let’s Read1
Unit6Unit4Unit4
Unit7Unit5Unit5
Unit8Unit6Unit6
Unit9Let’s Read2Let’s Read2
Unit10Unit7Let’s Read3
Unit11Let’s Read3

New-Horizon

ニューホライズン 和訳 1年生

ニューホライズンの紹介

ニューホライズンは東京書籍が出版している中学校向けの英語の教科書です。
中学校のテキストとして最も多く採用されているので、自分の学校の授業で使われている方も多いはずです。

特徴的なのは登場人物のイラストがアニメ調で、英語の先生(ALT)役であるエレン・ベーカー先生が話題になったこともあります。
キャラクターの人気から、公式の教科書以外にもストーリーを発展させた本が発売されているので、ぜひチェックしてみてください!

単に英語の教科書として見るよりも、ストーリー仕立てになっているので内容に注目すると楽しんで英語学習が進められます。

また、本屋ではニューホライズンに準拠した教科書ガイド(和訳・問題解答)やリスニングCDも販売されています。

英語の勉強について

中にはニューホライズンが初めての英語の教科書という方も多いと思います。
ペラペラとめくっていき、後半の長い英文を見つけてたじろいでしまうかもしれません。
ですがそこまで長文を恐れる必要はありません。
最初は1行ずつ短い英文を丁寧に訳していくことで、長くても対応できる力がつきます。
また、何度も同じであったり似た文を見ることが多いかもしれません。
そのような定型文は段々と覚えてしまうことで、毎回ノートに訳さなくても意味が理解できるようになってきます。

このページでは翻訳だけでなく、単語の意味も載せています。
しかし全ての英単語を網羅するのは不可能なので、難しかったり今まで出てこなかった単語だけに絞って載せました。
もし意味が分からない単語があったときは、必ず調べましょう。
スマホで見ている場合は、知りたい単語をタップすれば簡単に検索できます。

たくさんの単語を知っているということは、文法や発音など他の何よりも「英語の理解力」に直結します。
なぜなら、英単語の意味を知らないと、英語を読むことも聞くこともできないからです。
そして話したり書いたりして自分の意見を発信することも不可能です。
なので英語を勉強し始めるときの最初の目標は書かれている英語を正確に理解できる能力をつけることにあります。

Unit0 アルファベット

もしアルファベットに慣れていなければ、今のうちにたくさん書いて練習しましょう。
中学校によっては筆記体を練習することもあるかもしれません。
ですが、今後の試験や資格ではブロック体(a,b,c…のような書き方)しか使いません。
筆記体はこんな書き方もあるのか程度にとどめて、ブロック体だけは完全にマスターしましょう。

そしてアルファベットが自由にかけるようになった後は、どんどん英単語を覚えていきます。
さきほど少し触れたように、英単語の暗記はとても重要な作業です。
英語をしっかり勉強したい人は、本屋で単語帳が販売されているので、自分のレベルに合ったものを選ぶのもおすすめです。
そして英語に興味がない人でも、まずは教科書であるニューホライズンで登場した単語だけは絶対に抑えておくべきです。
中学だけでなく高校になっても勉強は続くので、知識が抜けたまま進んでしまうと後が大変になります。
(筆者も経験済み)

Unit1 はじめまして

Part1 自己紹介をしよう

英語の授業がはじまります。先生があいさつします。
ベーカー先生:みなさん、おはようございます。
生徒:おはようございます。
ベーカー先生:私はエレン・ベーカーです。BAKER です。 ベーカー先生と呼んでください。
生徒:はい。

単語の意味
good:よい
morning:朝、午前
afternoon:午後
evening:夕方、夜
everyone:みんな
call:呼ぶ
Ms.:女性に対して ~さん
Mr.:男性に対して ~さん
Part2 相手を確かめよう

ベーカー先生は生徒たちの名前を確認しています。
ベーカー先生:あなたは安藤咲(さき)ですか。
咲:はい、そうです。咲と呼んでください。
ベーカー先生:あら、柔道のユニフォームね。咲、あなたは柔道部に入っていますか?
咲:はい、そうです。

please:お願いします
oh:あら、おや
in:~に入っている(所属)
club:部
Part3 出身地をたずねよう

クラスの代表として、光太(こうた)はベーカー先生に質問します。
光太:あなたはアメリカ出身ですか。
ベーカー先生:はい、そうです。
光太:あなたはニューヨーク出身ですか。
ベーカー先生:いいえ、ちがいます。私はボストン出身です。
光太:それならあなたはボストン・レッドソックスのファンですか。
ベーカー先生:はい、そうです。

from:~出身の
so:それで、
fan:ファン

Good morning:
午前中につかう挨拶で、日本語だとこんにちはを意味します。
教科書ではEveryoneと続きますが、Bakerなどと人の名前をつけても使えます。
Call me Ms.Baker.:
英語では女性の先生の名前にはMs. 男性の先生にはMr.をつけます。
OK.:
訳としては「わかりました。いいですよ。」となります。

Unit2 学校で

Part1 持ち物を説明しよう

咲はベーカー先生が落としたペンを拾います。
咲:ベーカー先生、これはあなたのペンです。
ベーカー先生:あら、そうです。それは私のペンです。
咲:はい、どうぞ。
ベーカー先生:ありがとう。
咲:どういたしまして。

単語の意味
your:あなたの
that:あれ
my:私の
here:ここ
thank:感謝する
Part2 近くのものや遠くのものについてたずねよう

放課後、咲はベーカー先生と歩きながら校内を案内します。
ベーカー先生:これは素敵な絵です。これは富士山ですか。
咲:はい、そうです。
ベーカー先生:あれは遊園地ですか。
咲:いいえ、ちがいます。それはデパートです。
ベーカー先生:英語では、デパートメントストアと言います。
咲:あら。デパートメントストア。

nice:すてきな
picture:写真
Mt. Fuji:富士山
park:公園・遊園地
department:売り場
store:店
Part3 人を紹介しよう

咲たちは通りがかった家庭科室の前で、別のクラスのアレックスに出会います。
咲:ベーカー先生、こちらはアレックスです。彼は、私の友だちです。
彼はカナダ出身です。アレックス、こちらはベーカー先生です。彼女は私たちの英語の先生です。
ベーカー先生:こんにちは、アレックス。はじめまして。
アレックス:こちらこそ、はじめまして。
ベーカー先生:それは素敵なTシャツですね。
アレックス:ありがとうございます。

this:こちら(この人)
teacher:先生
hi:こんにちは
meet:~と知り合いになる
too:~もまた同じ

Unit3 わたしの好きなこと

Part1 好きなことについて話そう

転校生のディーパが自己紹介をします。
こんにちは、私の名前はディーパ・ミートラです。私はインド出身です。12歳です。
私は数学が好きです。私はそれを毎日勉強しています。
私は音楽も好きです。 私はバンドでギターを弾いています。

単語の意味
name:名前
like:~が好き
math:数学
study:勉強する
music:音楽
Part2 質問をしよう

授業後、咲はディーパにいろいろな質問をします。
咲:あなたは毎日ギターの練習をしていますか。
ディーパ:はい、しています。私は家で練習しています。
咲:あなたはピアノも弾いていますか。
ディーパ:いいえ、弾きません。でも、歌います。
咲:本当に?あなたはオリジナルの曲を作るんですか。
ディーパ:はい、そうです。

practice:練習する
at:~で
but:しかし
really:本当に
write:書く
Part3 質問を続けよう

光太も会話に加わります。
ディーパ:あなたは野球が好きですか。
光太:いいえ、好きではありません。ぼくは野球をしません。ぼくはサッカーをします。
咲:あなたは柔道について知っていますか。
ディーパ:はい、知っています。少しだけですが。
咲:私は柔道部の一員です。 私は毎週日曜日に柔道教室にも行っています。私は黒帯が欲しいです。

play:~をする
know:知っている
about:~について
just:ただ単に
little:少し
want:欲しい

Unit4 ホームパーティ

Part1 注文をしよう

ベーカー先生の自宅でホームパーティーが開かれます。アレックスは果物を買い、持っていきます。
アレックス:すみません。レモン2個と桃3個とさくらんぼ2パックをください。
店員:それで全部ですか。
アレックス:はい。
店員:わかりました。980円です。
アレックス:はい、どうぞ。
店員:どうもありがとうございます。おつりをどうぞ。20円です。

英単語の意味
excuse me:すみません
peach:桃
a pack of:1パックの~
Here’s:~をどうぞ
Part2 数をたずねよう

みんなはベーカー先生の自宅に集まりました。光太はペットについて、先生にたずねます。
光太:あなたは今何かペットを飼っていますか?
ベーカー先生:いいえ、飼っていません。でも、私の両親はボストンでうさぎを何羽か飼っています。
光太:わあ、本当ですか。彼らは何羽のうさぎを飼っていますか?
ベーカー先生:3羽です。
光太:あなたは写真を持っていますか。
ベーカー先生:はい。ここに1枚あります。

have:~を飼っている
now:今
parent:親
rabbit:うさぎ
how many:いくつ
Part3 指示・提案をしよう

食事を楽しんだ咲たちは、後かたづけをはじめます。
ベーカー先生:あら、あまりにもたくさんありますね。はい、どうぞ。 みなさん、ドギーバッグをとってください。
咲:ドギーバッグ?
ベーカー先生:見て。私たちはその中に食べ物を入れて、家に持って帰るんです。
咲:ああ、分かりました。ドギーバッグを使いましょう。

we;私達
take:~を持っていく
bag:ふくろ
look:見る
put:置く
let’s:~しよう

Unit5 学校の文化祭

Part1 それが何かをたずねよう

今日は緑中学校の文化祭。光太はカレー作りを手伝っています。
ディーパ:光太、これは何?
光太:それはカレーのレシピだよ。
ディーパ:これは何?チョコレートですか?
光太:いいや、違うよ。それはカレーのかたまりだよ。
ディーパ:本当に?私の国では私たちはそれを使いません。

英単語の意味
what:何
recipe:レシピ
for:~のために
block:かたまり
Part2 感想を言おう

ディーパはできあがったカレーの試食をします。
光太:カレーはどうですか?
ディーパ:おいしいわ。あなたはすばらしいコックです。
光太:ありがとう。そのレシピは難しくないんだ。
ディーパ:それはいいですね。
光太:インドはカレーで有名だよね。
ディーパ:はい。私たちはいつもはそれを指で食べます。
光太:本当に?それは面白いね。

how:どんな
delicious:おいしい
great:すばらしい
difficult:難しい
famous:有名な
usually:ふつうは
interesting:おもしろい
Part3 朝食は何かをたずねよう

会場で咲は、短期留学でオーストラリアから来たベッキーと出会いました。2人は「世界の朝食」を紹介するコーナーで話しています。
ベッキー:あなたは朝食に何を食べますか。
咲:私はよくトーストと牛乳を食べます。あなたはどうですか。
ベッキー:私はご飯とみそ汁を食べます。
咲:本当に?
ベッキー:私は卵、納豆、そして豆腐もまた食べます。
咲:あら、あなたはたくさん食べるんですね。
ベッキー:朝はおなかがすいているんです。

breakfast:朝食
often:しばしば
also:さらに
hungry:空腹な

中学校の英語教科書、ニューホライズン(東京書籍)も残り半分です!
最初のUnitでは全く理解できなかった人も、だんだんと英語への抵抗が減ってきたと思います。
分からない時は和訳サイトを参考にして、英語に触れる時間を増やしていきましょう。

Unit6 オーストラリアの兄

Part1 人について紹介しよう

文化祭で、咲は兄の春樹について英語でスピーチをします。
こんにちは、みなさん。私は安藤咲です。
この写真を見てください。こちらは私の兄の春樹です。
彼はオーストラリアに住んでいます。
彼はそこの大学で勉強しています。
彼はとても上手に英語を話します。 彼はときどき日本語を教えています。

英単語の意味
look at:~を見る
university:大学
speak:話す
well:上手に
teach:~を教える
Part2 人についてたずねよう

スピーチのあと、アレックスが質問します。
アレックス:春樹は浜辺の近くに住んでいるの?
咲:ええ、そうよ。彼はゴールドコーストに住んでいるの。その都市にはたくさんの美しい浜辺があるわ。
アレックス:彼は毎日その浜辺へ行っているの?
咲:いいえ、違うわ。でも彼は週末にそこへ行くの。
アレックス:彼はそこで何をしているの?
咲:彼は友だちと一緒に走ったり、泳いだり、サーフィンをしているわ。

near:~の近くで
beautiful:美しい
weekend:週末
run:走る
swim:泳ぐ
with:~を一緒に
Part3 人について説明しよう

スピーチの後かたづけをしている咲にベッキーが話しかけます。
ベッキー:あなたはオーストラリアの動物を知ってますか。
咲:私はコアラとカンガルーを知ってます。
ベッキー:ええと、それらは私たちの家の裏庭に入ってきます。
咲:本当に?
ベッキー:はい。私の妹はよく木の中のコアラを描いています。 春樹もコアラが好きですか。
咲:分かりません。いつもは彼は動物について話しません。

animal:動物
into:~の中に
backyard:裏庭
draw:描く
talk:話す

Unit7 ブラジルから来たサッカーコーチ

Part1 だれなのかをたずねよう

光太のサッカーチームには、毎週土曜日にブラジル人のパウロがコーチとしてやってきます。練習を終えた光太は、彼とバスに乗ります。
パウロ:これはブラジルの僕の家の写真だよ。
光太:この女の子は誰ですか。
パウロ:彼女はぼくの娘のマリアだよ。彼女はサッカーが好きなんだ。
光太:彼女はとてもかわいいですね。彼女は何歳ですか。 彼女は中学生ですか?
パウロ:ええと、この写真は古いんだ。 彼女は今27歳なんだよ。
光太:本当ですか。

英単語の意味
who:だれ
daughter:娘
son:息子
junior:年下の
junior high school:中学校
Part2 時刻をたずねよう

光太とパウロの対話が続きます。
光太:あなたはブラジルの家族に電話しますか。
パウロ:うん、ときどきね。 時刻が違うんだ。
光太:そこは今何時ですか。
パウロ:午前4時だよ。そして季節も違うんだ。
光太:どんな季節ですか。
パウロ:日本が秋のとき、ブラジルは春なんだ。
光太:それは面白いですね。

call:電話する
different:違った
what:何
season:季節
o’clock:~時
Part3 どちらなのかをたずねよう

光太は、さらに質問を続けます。
光太:ブラジルの人々は何語を話すんですか。 英語ですか?
パウロ:ぼくたちはポルトガル語を話すよ。
光太:でも、あなたは英語を上手に話しますね。 マリアも英語を話しますか?
パウロ:うん。彼女の英語はとても上手だよ。彼女は今アメリカでサッカーをしているんだ。
光太:わあ。あなたたちは家では、英語とポルトガル語のどちらを話しますか?
パウロ:もちろん、ポルトガル語だよ。

language:言語
people:人々
wow:わあ(驚き)
which:どちら
of course:もちろん

Unit8 イギリスの本

Part1 どこにあるかをたずねよう

光太たちは、イギリスの本についてクラスで発表することになりました。光太はロンドンで働く姉の絵美にたのみ、インターネット電話を使って彼女のイギリスの友人に話を聞くことにしました。約束の時刻が迫っています。
光太:ああ、遅れちゃう。ぼくの辞書はどこ?
ディーパ:本の下よ。
光太:ぼくの消しゴムはどこ?
ディーパ:コンピューターのそばよ。
光太:ぼくのえんぴつはどこ?
ディーパ:あなたのポケットの中よ。

新出単語の意味
late:遅れた
where:どこ
dictionary:辞書
under:~の下
pencil:鉛筆
Part2 誰のものかをたずねよう

インターネット電話の画面には姉の絵美と、彼女の友人であるジェーンの姿が見えます。光太はみんなで持ち寄ったイギリスの本についてたずねます。
絵美:光太、遅いわよ。
光太:ごめんなさい。
光太:こんにちは、ジェーン。見て。あなたはこの本を知っていますか?
ジェーン:あら、それは「ハリーポッター」ね。あなたの?
光太:はい、ぼくのです。ぼくはこの本が好きなんだ。
ジェーン:私はそれが好きよ、「クマのプーさん」それは誰の本なの?
光太:咲のだよ。

I’m sorry:すみません。
yours:あなたの
mine:私の
whose:だれの
Part3 知っているかをたずねよう

咲はジェーンに、他におすすめの本がないか、たずねます。
咲:他に何か良い本を知っていますか?
ジェーン:「ピーターラビットのおはなし」はどうかしら?いたずらなウサギの話なの。
咲:あぁ、私ピーターラビット知っています。私は彼が大好きなんです。
ジェーン:作家はベアトリクス・ポッターよ。あなたは彼女について知ってる?
咲:いいえ、知りません。
ジェーン:彼女はイギリスでとても有名なのよ。私たちは彼女の本の中の自然や動物が大好きなの。

other:他の
tale:(架空の)話、物語
story:話
naughty:いたずらな
writer:作家
nature:自然

Unit9 チャイナタウンへ行こう

Part1 何をしているのかを描写しよう

ベーカー先生は咲たちを連れて、弟が働いている中国料理店にやってきました。
ベーカー先生はみんなの様子を撮影しています。
もうすぐお昼です。
私の弟のマイクはこの中国料理店で働いています。
私たちは彼を待っています。
光太は水を飲んでいます。
ディーパはコックさんを見ています。
咲とアレックスはメニューについて話をしています。
あ、マイクがきます。

新出英単語の意味
almost:ほぼ
work:働く
wait:待つ
drink:~を飲む
watch:~を見る
Part2 何をしているのかをたずねよう

おなかがいっぱいになった咲たちは、マイクに連れられて外に出ました。
咲:すごく混んでるわね。あの人たちは何を見ているのかしら?
マイク:彼らは変面という中国の伝統的な芸術を見ているんだよ。
咲:おー!男の人がとても早くお面を変えているわ。
マイク:写真を撮っているの、光太?
光太:いや、撮ってないよ。ぼくは動画を撮っているんだ。
マイク:後でそれを調べてみよう

crowded:混んでいる
traditional:伝統的な
mask:仮面
fast:早く
check out:~を調べる
later:後に
Part3 指示をしよう

中国の文化に興味を示した光太にマイクがクイズを出します。
マイク:光太、これらの中国語は何を表すでしょう。
光太:あぁ、それらは簡単だね。
マイク:気をつけて。そんなに簡単ではないよ。
光太:それから誰にも聞いてはいけないよ。

光太は✓を記入してマイクに返します。その結果は…。
マイク:さて。君の答えをチェックしてみよう。
光太:あれ、まさか!2つ間違っている。
マイク:まぁ、それについては心配しなくていいよ。

word:単語
mean:意味
easy:かんたんな
careful:注意して
ask:聞く
answer:答え
worry:心配する

Unit10 あこがれのボストン

Part1 できることを述べよう

咲は冬休みに家族でアメリカへ観光旅行に出かけました。到着して数日後、彼女はベーカー先生に絵はがきをおくります。

12月28日
ベーカー先生へ
お元気ですか?私は家族と一緒にボストンのホテルにいます。
春樹は寝ています。彼はどこでも寝ることができます。しかし、私は今夜眠ることができません。
私はとても興奮(わくわく)しているのです。
私はボストンについての英語の本を持っています。私は辞書を使ってそれを読むことができます。
私はこの街が好きです。
よい冬休みと新年をお迎えください。

あなたの生徒
安藤咲より

新出英単語の意味
sleep:眠る
can:できる
anywhere:どこでも
tonight:今夜
excited:わくわくした 、興奮した
vacation:休み
Part2 できるかどうかをたずねよう

咲はベーカー先生の友人、ブラウンさんにボストンを案内してもらいます。2人はウェブサイトを見ながら、行き先を調べています。

ブラウンさん:これはボストンコモンよ。私たちはあそこでスケートをすることができるの。あなたはスケートはできる?
咲:はい、できます。
ブラウンさん:そこへ歩いていきましょう。途中でいくつか素晴らしいビルを見ることができるわ。

目的の場所に向かう途中、咲たちはある銅像の前を通りかかります。

咲:あれは誰ですか?
ブラウンさん:わかりますか?
咲:いいえ、わかりません。彼は誰ですか?
ブラウンさん:彼はベンジャミン・フランクリンです。彼はアメリカ建国の父の一人なのよ。
咲:ああ、そうなんですね。

skate:スケートをする
wonderful:素晴らしい
building:建物
on the way:途中で
one of:~の一つ、一人
Part3 いつできるかをたずねよう

翌日、咲の家族はボストン美術館の前でブラウンさんと待ち合わせます。

咲:ブラウンさん、昨日はありがとうございました。
ブラウンさん:あら、いいのよ。ところで、この美術館には日本の芸術作品がたくさんあるんですよ。行きましょう!

咲たちはある作品の前で立ち止まります。

ブラウンさん:この絵を見て。この中に富士山を見つけられますか?
咲:はい、できます。私たちはその山が大好きです。たくさんの人が登っています。
ブラウンさん:いつ登ることができるの?
咲:7月から9月の間です。冬の間は登ることができません。危険なんです。
ブラウンさん:なるほど。
咲:富士山がボストンに。びっくりしました!

yesterday:昨日
museum:博物館、美術館
mountain:山
climb:~に登る
when:いつ
between:~の間に
during:~の間に

Unit11 思い出の一年

Part1 体験したことを伝えよう

咲たちのクラスでは、一年の思い出について英語で文集をまとめることになりました。まずはベーカー先生の作品です。

日本の新年
大みそかに、私の友達と私は日本の生活様式を楽しみました。
私たちはテレビで音楽番組を見ました。
そして私たちは特別なそばを試しに食べてみました。
元日、私たちは朝早くに神社を訪れました。
人々は手を叩いて祈っていました。
私たちも手を叩きました。
私たちは良い年になるように祈りました。

単語の意味
New year’s eve:大みそか
try:試してみる
visit:~を訪れる
shrine:神社
early:早く
pray:祈る
Part2 体験したことを伝えよう

光太はサッカー部の思い出について書きました。

練習、練習、練習
ぼくたちのサッカーチームにはよいキャプテンがいます。
彼は早く学校に来てとても熱心に練習していました。
しかし彼は足を痛めてしてしまいました。
ぼくたちは病院へ行き、彼と話ました。
彼は言いました、「熱心に練習すれば、ぼくたちはトロフィーを手に入れることができる。僕たちはすばらしいチームなんだ。」
ぼくたちは練習して、練習して、練習して、そしてトロフィーを手に入れました。

injure:怪我をする
leg:足
went:go(行く)の過去形
say:~と言う
got:get(得る)の過去形
Part3 体験したことをたずねよう

日曜日の朝、柔道教室に向かう途中の咲はベーカー先生と偶然出会いました。

咲:私のレポートは読んでいただけましたか?
ベーカー先生:ええ、読んだわ。昨夜読んだの。あなたはボストンについて書いたのね。
咲:はい。私はそこですばらしい時間を過ごしました。先生はこの冬、どこへ旅行したのですか?
ベーカー先生:この冬は旅行しなかったわ。でも、あなたたちみんなと日本での生活を楽しんでいるわ。
咲:私も先生の授業を楽しんでいます。
ベーカー先生:ありがとう。とってもうれしいわ。
咲:では、よい一日を、ベーカー先生。
ベーカー先生:また明日ね、咲。

last night:昨夜
have a ~ time:~な時間を過ごす
travel:旅をする
class:授業
tomorrow:明日

NEW HORIZON 中学英語1年はこれで終わりです。
当翻訳サイトでは、2年のUnitもすべて訳しています。
積極的に活用して、宿題・予習を早く終わらせてしまいましょう!

お疲れさまでした!
ニューホライズンの教科書和訳はこれで終わりです。
中学校の英文法を復習したい方は、中学校英語 Wikibooksがおすすめです。

ニューホライズン 和訳 2年生

Unit0 My Spring Vacation

Part1 Show and Tell をしよう

咲は、春休みの思い出について、Show and Tellの形式でスピーチをします。どこに行ったのでしょうか。

こんにちは、みなさん。私は安藤咲です。
私は2週間前に家族と一緒に福井に行きました。
これは恐竜博物館の写真です。
博物館では恐竜と自然の歴史について多くの情報を得ることができます。
私たちはおいしい料理も楽しみました。
例えば、私たちは越前そばを食べました。
私たちは楽しいときを過ごしました。
ありがとうございました。

Part2(スピーチの内容について質問しよう)

あなたたちはどうやって福井に行ったの?
私たちは車でそこへ行ったよ。
その博物館でティラノサウルスを見ることができる?
ええ、できるわ。
あなたたちはその博物館で何時間過ごしたの?
私たちはそこで3時間過ごしたのよ! 私たちはたくさんの恐竜を見たわ。

Unit1 A Friend in a Sister School

Part1 Starting Out

緑中学校の新聞部で作成している英字新聞に、広告が掲載されています。何についての記事でしょうか。

新学期セール
緑文房具店はセールを開いています。
このペンは先週150円でした。 今、それは100円です。
5冊のノートは500円でした。 今、それらは400円です。
このセールをお見逃しなく!

Part2 Dialog

コンピューター室で行われる英語の授業に、咲とディーパが向かいます。
ディーパは、なぜすぐに移動できなかったのでしょうか。
準備はできた、ディーパ?授業があと数分で始まるわよ。
ちょっと待って!はい、いいよ。行きましょう。
あなたは何をしていたの?
私は筆箱を探していたのよ。
あら、あなたはそれを買ったの?いいわね。
ありがとう。私はそれを昨日の新学期セールで買ったのよ。

Part3 Read and Think

咲たちは、アメリカの姉妹校と、インターネット上の掲示板で情報交換をします。ジュディは、どんな行事をしているでしょうか。

4月20日 午前4時25分

こんにちは。
私はアメリカ出身のジュディ・スミスです。
私は7年生です。
私の学校は9月に始まり、6月に終わります。
日本でもそれは同じですか?
私の学校はたくさんの楽しい行事があります。
先月はダンスパーティが開かれました。
その日は、生徒も先生もカフェテリアで踊りました。
楽しかったです。
あなたたちの学校ではどんな行事がありますか。

Part4 Read and Think

ジュディが書いた文を読んだ咲たちは、コメントを書きこみます。
どんなことを伝えていますか。
私は驚きました。
あなたたちの学校は私たちの学校とは違います。
日本では、新学年は4月に始まります。
あなたたちみんなは楽しそうに見えますね。
私たちの学校には合唱コンク-ルのような楽しい行事があります。
それぞれのクラスがステージの上で合唱します。
あなたは日本時間の午前4時25分にメッセージを書きましたね。
ぼくはそのとき眠っていました。
今あなたは眠っているのですよね?
ぼくたちはお互いに遠く離れて暮らしていますが、友達になることができます。
連絡を取り合いましょう。

Unit2 A trip to the U.K.

Part1 Starting Out

光太はゴールデンウィークの予定について、ディーパにメールをします。どんな予定でしょうか。

こんにちは、ディーパ。
あなたの休日の予定は何ですか。
ぼくは来週、イギリスを訪れる予定です。
姉とぼくはたくさんのものを見るつもりです。
イギリスから何か欲しいですか。

光太

Part2 Dialog

光太は空港で入国審査を受けています。係員は何をたずねているのでしょうか。

パスポートを見せてください。
もちろんです。はいどうぞ。
あなたの訪問の目的はなんですか。
観光です。
どのくらい滞在する予定ですか。
5日間です。
あなたはどこに滞在する予定ですか。
ロンドンの姉の家です。
分かりました。滞在を楽しんでください。
ありがとうございます。

Part3 Read and Think

光太と姉の絵美はロンドン市内を歩いています。
光太はビデオカメラで何を撮影しているのでしょうか。

テムズ川のそばのあの時計塔を見てください。
創立およそ150年です。
多くの人々はそれをビッグ・ベンと呼びます。
おそらくその名前は建造者のベンジャミン・ホールに由来しています。
彼はとても大きい男性でした。
さて、私たちはあの大きな観覧車に乗るつもりです。
出来てから約20年です。
人々はそれをロンドンアイと呼びます。
高さは135メートルです。
私たちは頂上から素晴らしい景色を見ることができます。
ロンドンでは、私たちは古い建物と新しい建物の両方を見つけることができます。
本当に面白いです。

Part4 Read and Think

翌日、光太と絵美はどこを訪れたのでしょうか。
絵美とぼくは今オックスフォード大学にいます。
ロンドンからオックスフォードまでは電車で約1時間かかりました。
見てください。これが食堂です。
おそらくあなたはそれをハリーポッターの映画で知っているでしょう。
ぼくはその映画が大好きです。
だからぼくこの食堂を多くの場面から思い出します。
今、ぼくは本物を見ています。 びっくりです。
ぼくたちは旅行中にとても多くのものを見ることができます。
世界は面白い場所でいっぱいです。

Unit3 Career Day

Part1 Starting Out

ディーパは職業体験でレストランに来ています。注意書きにはどんなことが書かれていますか。

忘れないで
・正しい方法で手を洗ってください。
・外見をチェックするために鏡を見てください。
・お客様を歓迎するために笑顔であいさつをしてください。

ディーパ:私はレストランでの仕事について学ぶためにここにいます。

Part2 Dialog

職業体験の翌日、アレックスとディーパが話しています。
ディーパはどんな感想を述べていますか。

ディーパ、きみは職業体験でどこに行ったの?
私はイタリアンレストランへ行ったわ。 私はシェフになりたいの。
わあ。どうだった?
おもしろかったけど、疲れたわ。
私はすべてのメニューを覚えようとしたけれど、できなかったわ。
なるほど。ぼくは新聞社へ行ったよ。
ぼくは新聞記者になりたいんだ。
面白そうね。それについて聞きたいわ。

Part3 Read and Think

アレックスは新聞社での職業体験についてレポートにまとめます。
どんなことを体験したのでしょうか。

光太とぼくは職業体験の日に新聞社へ行きました。
新聞記者の鈴木さんがぼくたちに職場を案内してくれました。
それから彼はサッカー選手にインタビューするためにぼくたちを連れ出しました。
鈴木さんはぼくたちに言いました、
「新聞はどこの人々にとっても大切です。 私たちは毎日ニュースを報道する必要があります。私たちにはすべきことがたくさんあります。」
今では、ぼくは毎朝新聞を読みます。
ぼくは将来のために学ぶべきことがたくさんあります。

Part4 Read and Think

光太も職業体験についてレポートにまとめます。
光太の将来の夢は何でしょうか。

ぼくは宮間あやさんにインタビューするためにサッカースタジアムへ行きました。
新聞記者の鈴木さんがぼくたちをそこへ連れて行ってくれました。
宮間さんはアメリカのいくつかのチームでプレーしました。
ぼくも将来、海外でサッカーをしたいです。
そこで、ぼくは彼女にいくつかのアドバイスを求めました。
彼女は言いました、「あなたはチームメイトと上手くやっていく必要があります。あなたは言葉の壁を破る必要があります。たくさんの経験をしてください。それはすべてあなたの心次第です。」
彼女のメッセージはぼくを感動させました。
海外でプレーすることは簡単ではありませんが、ぼくはとても挑戦してみたいです。

Let’s Read1 The Carpenter’s Gift

メアリーはいなかに住んでいました。
彼女の隣人のベンは良い友だちでした。
ある日、彼らは一匹のウシを見つけました。
おい、あれはおれのウシだ。
いいえ、あれは私のウシよ。
なんだって。なぜそう思うんだ。
それは私の他のウシと同じような短い足をしているわ。
いいや、メアリー。
それはおれの他のウシと同じような長くて黒いシッポをしている。
それはおれのだ。
あなたは何を言っているの?それは私の牛よ!
(このささいな口げんかのあと、ベンはそのウシを連れて行きました。)

1週間が経過しました。
誰かがメアリーのドアをノックしました。
こんにちは。どなたですか。
こんにちは。私は旅する大工です。
どうぞ私をパットと呼んでください。
私は仕事を探しています。
何か私に仕事はありませんか。
ええ、パット。
あそこの小さな小川を見て。
悪い隣人のベンが先週それを作ったのよ。
おや、あなたはとても怒っているようですね。
その小川に沿って大きな垣根を作れるかしら。
私は彼の顔を見たくないの。
いいですよ。もちろんです。

パットは熱心にそして素早く働きました。
日の入りに彼は仕事を終えました。
メアリーはそれを見にやってきました。
彼女はとても驚きました。
これは何?
ええと、私は小川の上に橋を作りました。
なぜあなたはそんなことをしたの?
今すぐにこの橋を取り壊しなさい!
(そのときベンの家のドアが開き、そしてベンが彼の家から出てきました。)
待って!それを取り壊さないでくれ。

ベンはその橋を走って横断し、メアリーに話しに来ました。
ウシのことはごめんよ、メアリー。
どうか牛を連れて帰って、またおれと友だちになってくれないか。
おれは君との友情を失いたくないんだ。
まあ、ベン。
私もあなたとの友情を失いたくないわ。
えーと、その橋でうまくいきましたね。
あなたたちは二人ともとても幸せそうに見えますよ。
ありがとう、パット。
あなたは私たちの間に「橋」をつくってくれたのね。
そうだな。ここにいてください、パット。
おれたちには君にしてもらう仕事がたくさんあるんだ。
ありがとうございます、でもできません。
私にはつくるべき橋が他にたくさんあるので。
(彼は笑顔で去っていきました。)

Unit4 Homestay in the United States

Part1 Starting Out

咲は夏休みにアメリカでホームステイをします。
現地のサマースクールで配られたガイドブックには、どんなアドバイスが書いてあるのでしょうか。

ホームステイのアドバイス
あなたはその家族の一員です。
あなたはその家族のルールに従わなければなりません。
あなたはここで英語を話さなければなりません。
でも、完璧な英語を話さなくてもいいのです。
コミュニケーションが大切です。

Part2 Dialog

咲がウィルソン家でホームステイをはじめた翌朝のことです。
咲は何がわからなかったのでしょうか。

咲、よく眠れた?
はい、ありがとうございます。
それでは、自分のベッドを整えて下の階に来てね。
ベッドを整える?
そうよ。私たちみんな自分のベッドを整えなければならないのよ。
分かりました。でもどのようにするか分かりません。
いいわ。私が教えてあげるわ。

Part3 Read and Think 2

サマースクールで、ホームステイについて感想を書くように言われました。
咲はどんな相談をし、先生はどう答えていますか。

私のホストファミリーのみんなは私に親切です。
でも、私のホストマザーはいつも私に多すぎる料理を出します。
私はすべて食べなければなりませんか、それとも彼女に伝えていいのでしょうか。

あなたはホストマザーに言わなければなりません。
「ごめんなさい。 料理はおいしいのですが、私はそんなに多くは食べることができません」と。
彼女は分かってくれるでしょう。

数日後
アドバイスをありがとうございました。 上手くいきました!
今では、私は本当に食事を楽しむことができます。

Part4 Read and Think 2

咲と同じサマースクールのカルロはどんな苦情を言い、先生はどう答えていますか。

カルロ
ぼくは悲しいです。
ぼくのホストファミリーはとても忙しいのです。
彼らはぼくをどこにも連れて行ってくれないので、ぼくは週末何もすることがありません。
咲のホストファミリーはいつも彼女を面白い場所へ連れて行ってくれます。

先生の回答
カルロ、あなたはホストファミリーを比べてはいけません。
あなたのファミリーは良い点を持ってますよ。
それらを見つけようと努めなさい。
彼らは親切で面白いです。
彼らに話かけてみなさい。

数日後のカルロ
先生の言うとおりです。
ぼくはファミリーの良い点を見つけました。
彼らは熱心にぼくと話そうとしてくれます。
彼らは笑うことが好きです。
実は、彼らはとても好意的なのです。
ありがとうございました。

Unit5 Universal Design

Part1 Starting Out

ディーパは、ユニバーサルデザイン商品の広告を見ています。
これらの商品には、どんな利点があるのでしょうか。

みんなのための商品
これらはユニバーサルデザインの商品です。
あなたたちはこれらを簡単にに、そして安全に使うことができます。
もしあなたたちに興味があれば、私たちはカタログを送ります。
私たちの電話番号は5390-7416です。

Part2 Dialog

光太はディーパと話しています。
光太は昨夜どんな失敗をしたのでしょうか。

ぼくは昨夜、シャンプーをリンスと間違えてしまったよ。
髪を2回洗ったんだ。
シャンプーのボトルにはでこぼこがあるのを知ってた?
でこぼこ?いいや、知らないよ。
それがユニバーサルデザインよ。
ユニバーサルデザインって何?
それはみんなのためのデザインよ。
私はユニバーサルデザインはすばらしいと思うわ。

Part3 Read and Think 1

咲は、学校で行われた「車いす体験」の感想を述べています。
はじめて車いすを体験し、どう感じたのでしょうか。

私は今日、人生で初めて車いすを使いました。
それに座ったとき、私は簡単にそれを使うことができませんでした。
私は少し怖いと感じました。
私はバスに乗ろうとしましたが、それは難しかったです。
バスのドアの幅は広かったです。
たとえそうでも、とても難しかったです。
私は多くの助けが必要でした。
私はこの経験から大切な教訓を学びました。
これからは、私がだれか困っている人を見たら、彼らに手を貸してあげるつもりです。

Part4 Read and Think 2

光太が、ユニバーサルデザインについて調べたことを発表します。
何を紹介していますか。

ユニバーサルデザインの商品は、ぼくたちの身の回りのいたるところにあります。
例えば、このペットボトルを見てください。
それは特別な形をしているので、ぼくたちは簡単に持つことができます。
さて、この写真を見てください。
階段のそばのスロープが見えますか。
もしあなたが車いすに乗っていたり、ベビーカーを押していたら、あなたはそのスロープを使うことができます。
近頃では、多くの公共施設がユニバーサルデザインという考えを使っています。
ぼくはその商品はみんなにとって役に立つので、すばらしいと思います。

Unit6 Rakugo in English

Part1 Starting Out

英語落語公演のお知らせポスターです。
いつ、どこで行われるのでしょうか。

笑いにきてください!
舞台上に1枚の座布団があります。
観客のための席はたくさんあります。
ここで何が起こるのでしょうか。

英語で落語
日本の話芸
日付 12月10日
時間 午後2時30分
場所 緑劇場

Part2 Dialog

光太とアレックスは英語落語の公演会場に向かっています。
落語について光太はどのように説明しているでしょうか。

落語ってどのようなものなの?
ええと、一人の演技者がさまざまな登場人物を演じるんだ。
わあ。特別な舞台装置があるの?
うん、あるよ。でも、それはシンプルだよ。座布団が一枚あるだけなんだ。
何か小道具はあるの?
うん、あるよ。扇子と手ぬぐいだよ。演技者はいろいろな方法でそれらを使うんだ。

Part3 Read and Think 1

開演前、アレックスは会場で手に入れたパンフレットを読んでいます。
どんなことが書かれていますか。

近頃では、落語は他の国々に広がっています。
それらの文化は異なっているので、落語家は話しの部分を変えます。
そうすると、みんながそれらを理解できます。
笑いは強力な橋です。
笑いは私たちの健康にもよいと考えている医者もいます。
彼らは患者さんたちのために落語ショーを開いたりさえします。
さあ、英語でいくつかの古典落語を聞いて楽しみましょう。
くつろいで楽しんでください!

Part4 Read and Think 2

いよいよ公演が始まりました。
演目は、古典落語の「まんじゅうこわい」を英語落語向けに手直ししたものです。
登場人物のマークのねらいは何でしょうか。

カフェテリアで、3人のクラスメートが怖いことについて話しています。
私はヘビが怖いわ。
えっと、僕はテストが怖いな。
ははは。マーク、あなたはどう?
ぼくは…ドーナツが怖いんだ。
ぼくはそれらを見ることさえしたくないんだ。
本当に?
それは面白いね。
ほら、君のドーナツだよ、マーク!
ああ、やめてくれ!
おい、君はドーナツが怖いと言ったじゃないか。
うん。ドーナツを見ることは本当に怖いよ。
それで、僕は食べているんだ。
ああ、君たちに教えるのを忘れていたよ。ぼくは牛乳も怖いんだ。

Let’s Read2 Try to Be the Only One

96ページ

「なぜおばあちゃんは死んじゃったの?なぜみんな僕を置いて行ってしまったの?」と14歳の少年は泣きました。
「ぼくはお父さんとお母さんが憎い。」
太陽は彼の上の青い空に輝いていました。
でも、少年は目が不自由だったので、それを見ることはできませんでした。
少年は1952年に沖縄で生まれました。
彼の父はメキシコ系アメリカ人で彼の母は日本人でした。
彼が赤ん坊のとき、彼らは2人とも家を出て行ってしまいました。
だから祖母が彼の世話をしたのです。

97ページ

その少年の名前は新垣勉でした。
彼は音楽がとても好きでした。
ある日、彼はラジオで讃美歌を聞きました。
彼はそれらに興味を持ちました。
彼は他の賛美歌を聞きたいと思い、それで教会へ行きました。
教会で彼は牧師に出会いました。
勉は牧師に自分の人生について話しました。
牧師は彼の話を静かに聞きました。
勉が話すのをやめたとき、彼は牧師が泣いているのに気付きました。
「ああ、彼は僕のことを分かってくれているんだ。」と勉は思いました。

98ページ

その牧師は言いました。
「勉、うちに来て、わたしたちと一緒に暮らさないかい?
私の妻と子どもたちは君を歓迎するだろう。」
勉はうれしく思い、「はい」と言いました。
勉は牧師のあたたかい家族の一員として新しい生活を始めました。
勉も牧師になりたいと思いました。
それで、彼は大学へ行き、とても熱心に勉強しました。
彼はまた、歌うことを学び、教会で歌いました。
彼の両親に対する憎しみは消え始めました。
彼は困っている他の人々を助けようと決心しました。

99ページ

勉のイタリア人のボイス・トレーナーはかつて彼に言いました。
「君の声は神から、そしてまた君のお父さんからの贈り物だ。
そのような声をもっているのは世界中で君だけだ」
勉は今や歌うことを誇りに思っています。
彼のモットーは「ただ一番になるのではなく、唯一の人になろうと努めなさい。」です。
私たちは「さとうきび畑」の美しい彼の歌声を通して、私たちは沖縄の明るさや悲しみを感じることができます。

Unit7 The Movie Dolphin Tale

Part1 Starting Out

咲はディーパに借りた図鑑を読んでいます。
何についてどんなことが書いてありますか。

海の動物を比べてみましょう。
イルカはマグロより大きいです。
しかし、マグロはイルカより速く泳ぎます。
シロナガスクジラがすべての動物の中で一番大きいです。
それは25メートルの水泳プールより長いです。

Part2 Dialog

咲はディーパに図鑑を返します。
ディーパは今度は何をすすめていますか。

ありがとう、ディーパ。
私はイルカが大好きなので、あなたの本を本当に楽しんだわ。
あら、それではあなたは「イルカと少年」というこの映画を見るべきよ。
それはこの本よりもっと面白いわ。
本当に?
うん。結末を見逃さないでね。
そのシーンはこの映画でもっとも印象的よ。
分かった。見てみるね。明日、その映画について話しましょう。

Part3 Read and Think 1

映画を見た咲は、クラスで紹介するためにあらすじをまとめます。
イルカと出会ったソーヤーは、どんな行動をとるのでしょうか。

ソーヤーは恥ずかしがりの11歳の男の子です。
ある日、彼はビーチでイルカを見ます。
そのイルカは尻尾に深刻なケガをしています。
ソーヤーは彼女(イルカのこと)を助けようと努めます。
すぐに水族館から何人かの人々が彼女を助けにやってきます。
彼らは彼女をウィンターと名付け、十分な世話をします。
ソーヤーは彼女に会うために毎日水族館を訪れます。
ウィンターはソーヤーが彼女の命を救ってくれたことを知っています。
だから彼女はソーヤーに会うと、うれしそう見えます。
ウィンターは彼の親友になります。
ウィンターはうれしそうに見えますが、彼女の状態はより良くなっていきません。

Part4 Read and Think 2

映画の最後にウィンターはどうなりましたか。

ウィンターのケガはとても悪いものです。
医者は彼女の尾びれを切り落とさなければならない。
尾びれがないと、彼女は死ぬでしょう。
しかし、人工尾びれを作るのはとても高価です。
水族館の人々は悲しみますが、彼らはなにもすることができません。
ソーヤーはある考えを思いつきます。
彼はボランティアといっしょにチャリティーイベントを計画します。
たくさんの人々がやってきて、ソーヤーはウィンターのためにお金を集めます。
ソーヤーはもはや恥ずかしがり屋ではありません。
ついに、ウィンターは新しい尾びれを手に入れます。
それは彼女にとって最高のものです。
彼女は他のイルカ同じくらい上手に泳ぐことができます。
この映画は人々と動物の絆の本当の話です。

Let’s Read3 Cooking with the Sun

118ページ

あなたは高い山に住んでいると想像してください。
電気やガスはありません。
あなたは毎日食べる必要があります。
だから、あなたは食べ物をあたため、調理する方法を見つけなければなりません。
このような場所にいるとき、あなたはソーラークッカーを使うことが出来ます。
あなたは災害のあとにもそれを使うことが出来ます。
ソーラークッカーは鍋の中の食べ物をあたためるための道具です。
それは、鍋の中に日光を集めます。
ご飯を炊いたり、卵を茹でたり、それからケーキを焼くことさえできます。

119ページ

ソーラークッカーは発展途上国の人々の役に立ちます。なぜでしょうか?
第一に、ソーラークッカーを作るのにそんなに費用がかかりません。
あなたは、段ボールとアルミホイルだけでそれを作ることが出来ます。
第二に、発展途上国の人々は、ソーラークッカーで水を沸騰させることで、よりきれいな水を得ることが出来ます。
川や湖からの水を飲むことは、病気の最大の原因の1つです。
第三に、ソーラークッカーは煙を出さないので安全です。
世界の3分の1以上の人々は料理をするために屋内でまきを燃やします。
多くの子供たちがその煙で死んでいます。

120ページ

ソーラークッカーは燃料を使わないので、別の大きな問題を解決することができます。
人々は毎日料理をするために多くのまきを必要とします。
まきを集めることは大変な仕事です、特に女性と子どもにとっては。
ソーラークッカーがあれば、彼らは今はもうまきを集める必要がありません。
20億以上の人々が、食べ物をあたためるためにまきを使います。
森の木を切ることは地球温暖化を増大させます。
もしあなたたちがソーラークッカーを使えば、毎年約550キログラムのまきを節約することができます。

121ページ

わたしたちは日常生活の中で、多くのエネルギーを使います。
わたしたちはこのエネルギーの大部分をガスと石油から得ていますが、それらは限られています。
ソーラークッカーは太陽の力を使っています。
それは再生可能エネルギーの1つの例です。
水、風、地面の自然熱など、このエネルギーには他の例があります。
再生可能エネルギーの施設はしばしば多くの費用がかかりますが、ソーラークッカーのようなシンプルなアイデアを見つけるかもしれません。
時にはシンプルなアイデアが世界をより良く変える力を持っていることもあります。

ニューホライズン 和訳 3年生

Unit0 Countries around the World

授業のはじめに、興味のある国についてスピーチをします。
光太はアレックスの母国カナダを選びました。
どんな国なのでしょうか。

こんにちはみなさん。ぼくは伊藤光太です。
ぼくはカナダについて話します。
その地図と表を見てください。
カナダはアメリカ合衆国の北にあります。
世界で2番目に広い国ですが、人口はほんの3300万人にすぎません。
カナダにはナイアガラの滝やカナディアンロッキーのように、見るべき場所がたくさんのあります。
たくさんの人々がその美しい自然を楽しむためにカナダへ行きます。
ぼくは自分でそれを見に行きたいです。
ありがとうございました。

Unit1 Pop Culture Then and Now

Part1 Starting out

光太が図書館で見つけた、英語で書かれた美術の本の一部です。
どんな絵について書かれているのでしょうか。

これはビンセント・バン・ゴッホによる有名な絵画です。
それは多くの人々に愛されています。
バン・ゴッホは浮世絵に影響を与えられました。
この絵の中にはいくつかの浮世絵の版画が示されています。
それらは日本からヨーロッパに持ってこられました。

Part2 Dialog

光太はベーカー先生に本を見せて、今度は別の絵について話しています。
この絵がかかれたのはどんな時代だったのでしょうか。

この絵も同じ人によって描かれたの?
はい、そうです。
それはいつ描かれたのかしら。その年は本の中に書かれている?
はい。それは1887年に描かれました。
なるほど。その当時、ヨーロッパで日本の文化は人気があったのよ。
本当ですか?今はどうですか?

Part3 Read and Think 1

ベーカー先生は、日本文化を特集した雑誌の記事を、光太に見せてくれました。
どんな日本文化が紹介されているのでしょうか。

世界中の日本のポップカルチャー
日本のマンガとアニメのキャラクターは多くの国で愛されています。
ドラえもんは一つのよいの例です。
2012年に、彼は香港と台湾で特別な誕生日パーティーが開かれました。
多くのドラえもんのファンたちが、彼の100年「前」の誕生日を祝いました。
ほかの日本のポップカルチャーで人気のある例は、「かわいい」という単語です。
「かわいい」は、今では日本の外でも使われています。
たくさんの人々がハローキティ―の商品やほかのユニークなデザインのようなカワイイカルチャーにひきつけられています。

Part4 Read and Think 2

光太は、今日読んだ本と雑誌のことを英文日記に書いています。光太は日本についてどのように感じたのでしょうか。

4月22日金曜日
ぼくは今日、浮世絵と日本のポップカルチャーについて読みました。
ぼくは以前それらについてわずかしか知りませんでしたが、両方とも外国でとても愛されていると知りました。
そのことでぼくは日本を誇りに思います。
ぼくは浮世絵が江戸時代の間、日本で大衆文化だったということも学びました。
実際、浮世絵の版画はポスターのように売られていました。
ぼくはマンガやアニメが、いつか浮世絵のように伝統的な日本の芸術になると思います。
もしかすると、カワイイカルチャーでさえ日本の伝統の一部になるかもしれません。
この考えはぼくを幸せにしてくれます。

Unit2 From the Other Side of the Earth

Part1 Starting Out

ブラジルから転校生リカルドがやってきました。
彼はいつから日本に住んでいるのでしょうか。

みなさん、こんにちは。ぼくはリオデジャネイロ出身のリカルド・タカハシです。
ぼくのおじいさんは日本人です。
ぼくは一か月間ずっと日本に住んでいます。
ぼくは幼い子どものころからずっと日本のアニメが大好きです。
ぼくはブラジルでいくつかの番組を見ました。
ついに日本に来ることができてうれしいです。

Part2 Dialog

休み時間にリカルドが光太に話しかけます。
2人にはどんな共通点があったのでしょうか。

ねえ、光太。きみはサッカー部の一員だよね?
そうだよ。どうしてそれを知っているの?
きみのコーチのパウロがきみについてぼくに教えてくれたんだよ。
彼はブラジルにいたとき、ぼくにサッカーを教えてくれたんだ。
本当に?きみはどのくらい長く彼を知っているの?
8年間くらいだよ。今では彼は日本のぼくたちの家によく来るよ。
わあ。世間はせまいね!

Part3 Read and Think 1

英語の授業でリカルドが母国ブラジルについて紹介します。
ブラジルのどんな場所について話しているのでしょうか。

この写真を見てください。海のように見えますよね?
実は、それはアマゾン川という川です。
それは世界で一番大きな川です。
アマゾン川は何年もの間ブラジルにとって重要なものです。
その水力はブラジルの電気の約80パーセントを産出しています。
アマゾン川はここにいるみんなの役にも立ち続けています。
それは巨大な熱帯雨林を通って流れています。
その森は世界の酸素の約20%を産出しています。
この教室の酸素はブラジルからやって来ているのかもしれません!

Part4 Read and Think 2

リカルドの話が続きます。
アマゾンの熱帯雨林にどんな問題が起きているのでしょうか。

アマゾン川の熱帯雨林には多くの特有の動物がいます。
これらの動物は長い間ずっとそこにいますが、今ではそれらは住みかをなくしつつあります。
人々が熱帯雨林を破壊しています。
それは何年もの間続いています。
1970年代から2010年の間に、その熱帯雨林の約74万平方キロメートルがなくなりました。
それは日本の大きさのほぼ2倍です。
ぼくは小学生のときからずっとこの問題について心配しています。
ぼくは科学者になって、アマゾン川の植物や動物のために何かをしたいです。
アマゾン川は世界で重要なものです。

Unit3 Fair Trade Event

Part1 Starting Out

緑市国際交流センターのイベント会場の入り口で、アンケートが配られています。
どんなことを聞いているのでしょうか。

1.あなたはこれまでに「フェアトレード」について聞いたことがありますか。
・はい、あります。
・いいえ、ありません。

2.あなたはこれまでにこのマークを見たことがありますか。
・はい。前にそれを見たことがあります。
・いいえ。一度もそれを見たことがありません。

フェアトレードの世界を発見しに来てください。

Part2 Dialog

咲とアレックスはフェアトレードイベントに行き、商品売り場を見ています。
咲はどんな感想を持ったのでしょうか。
チョコレート、コーヒー、衣服…。
これらはすべてフェアトレードの商品なの?
そうだよ。ぼくはちょうどパンフレットを見たところだよ。
50以上の商品がここで売られていると言っているよ。
あなたはもう値段を見た?
いや、まだだよ。
きみはもう見た?
ええ。私はすでにいくつかの商品をチェックしたわ。
それらは少し高いように思えるわ。
まあ、おそらく価格も「公正」なんだよ。

Part3 Read and Think 1

イベントではフェアトレードに関する説明の映像も流れています。
ガーナのカカオ農園で働く子供たちはどんな状況にあるのでしょうか。

ガーナはたくさんのカカオを生産しています。
それはチョコレートになります。
カカオは低価格で売られているため、カカオ農園の多くの労働者たちはとても貧しいです。
彼らは熱心に働きますが、生活するために十分なお金を稼ぐことができません。
彼らは「不公平」な環境のもとで働いています。
ガーナの多くの子供たちは家族を助けるために農園で働かなければなりません。
彼らのうち何人かは学校に行ったことがありません。
フェアトレードはこれらの問題を解決することができます。
もしあなたたちがフェアトレードのチョコレートを買えば、より多くのお金が労働者に与えられます。
あなたたちの買い物の選択が変化をもたらすことができるのです。

Part4 Read and Think 2

イベントに行った日の夜、咲はアレックスにメールを送りました。
咲はどんなことを知って驚いたのでしょうか。

こんにちは、アレックス。
私は今日のイベントを楽しみました。
私はちょうど、家族といっしょにフェアトレードのチョコレートを試してみたところです。
おいしかったです。
今日のビデオの子供たちは、カカオがチョコレートになることを知りません。
彼らは一度も自分たちでチョコレートを食べたことがありません。
私はそれを聞いて驚きました。
私たちはそれらの子供たちのために何ができるでしょう。
私は、フェアトレードの商品を選ぶことが彼らを支援する一つの方法だと思います。
商品の背後にいる人々について学ぶことはもう一つの方法です。
私は今日フェアトレードについて学べてうれしかったです。
私はもっと学びたいです。
あなたの友だち、咲

Let’s Read1 A Mother’s Lullaby

54ページ

1本の大きな古い木が広島市の近くの道のそばに立っています。
何年もの間、その木はたくさんのことを見てきました。
ある夏の夜、その木は子守歌を耳にしました。
1人の母親が木の下で、幼い女の子に歌っていたのです。
彼女たちは幸せそうに見え、そしてその歌声が美しく聞こえました。
しかし、その木はある悲しいことを思い出しました。
「そうだ。それは約70年前のことだ。あの夜も子守歌を聞いた。」

55ページ

ある日の朝、大きな爆弾が広島市に落ちました。
多くの人々がいのちを失い、それ以外の多くの人々が傷つきました。
彼らは全身にやけどを負っていました。
わたしはそういった人々を見てとても悲しかったのです。
とても暑い日でした。
人々のうちの何人かはわたしの近くで倒れました。
わたしは彼らに言いました。
「わたしの陰に休みに来なさい。すぐに大丈夫になるから。」

56ページ

夜になりました。
中にはすでに死んだ人々もいました。
わたしはかすかな声を耳にしました。
それは子守歌でした。
1人の若い女の子が幼い男の子に歌っていたのです。
「お母さん!お母さん!」と男の子は泣きました。
「泣いてはだめよ」と女の子は言いました。
「お母さんはここにいるから」それから彼女はまた歌い始めました。
彼女はとても弱っていましたが、そのかわいそうな幼い男の子の母親になろうと努めました。
彼女は本当の母親のように、彼を腕の中に抱きかかえました。

57ページ

「お母ちゃん」と男の子はまだ泣いていました。
「いい子にしてね」と女の子は言いました。
「大丈夫だから」彼女は男の子をよりしっかりと抱きかかえ、また歌いはじめました。
しばらくして、男の子は泣きやみ、静かに死にました。
でも幼い母親は歌うのをやめませんでした。
それは悲しい子守歌でした。
女の子の声はますます弱くなりました。
朝がきて、太陽がのぼりましたが、その女の子が再び動くことはありませんでした。

Unit4 To Our Future Generations

Part1 Starting Out

外国人の生徒に配られた、避難訓練についてのお知らせのプリントです。
緊急事態が起きたとき、この学校ではどうすればよいのでしょうか。

今週の避難訓練
あなたは緊急事態に何をすべきか知っていますか。
火事の場合は、外へ出なさい。
速く歩きなさい。 走ってはいけません。
地震の場合は、最初にあなたの頭を覆いなさい。
それが止むまで、安全な場所で待ちなさい。
あなた自身の身の守り方を学びなさい。

Part2 Dialog

地震の経験の少ないリカルドが、咲と災害について話しています。
咲が重要だと思っているのは、どんなことでしょうか。
ぼくにとって大地震を想像することは難しいです。
でも、いつなんどき起きるかもしれないわよ。
確かに。だから、ぼくたちにとって災害に備えることは必要なんだね。
ええ。それに私は過去のことを心にとめておくことが大切だと思うの。
どういう意味かな?
じゃあ、あなたにある話をするね。

Part3 Read and Think 1

咲は、新聞で読んだあるバイオリンの話を、リカルドに伝えることにしました。
どんなバイオリンなのでしょうか。

2012年3月11日に、陸前高田市で特別なバイオリンの演奏がありました。
聴衆はそのバイオリンの音をじっと聞きました。
何人かの人々は涙を流していました。
そこにいるすべての人にとって、そのバイオリンはとても特別でした。
そのバイオリンは有名なバイオリン製作者である中澤宗幸さんによって作られました。
2011年に地震が日本を襲った後、彼は職人としてどうすれば手助けをできるだろうと思いました。
そこで彼はある考えを思いつきました。
それは災害による流木からバイオリンを作るということでした。

Part4 Read and Think 2

咲の話の続きです。
バイオリンはその後どうなっているのでしょうか。

流木からバイオリンを作ることは簡単ではありませんでしたが、中澤さんはいくつかの美しいバイオリンを作りだしました。
それらのバイオリンは人々をいやす力をもったやさしい音をしています。
それらは多くの演奏家たちに順々に回されました。
2014年の1月現在で、200人以上の演奏家たちがそれらのバイオリンを弾きました。
日本国内だけでなく、世界中でもまた、何百万の人々が演奏会やテレビでそれらを聞きました。
中澤さんは、「私はわたしたちの未来の世代にもそのバイオリンを弾いてほしい。」と言いました。
「私は彼らにその記憶を伝えていってほしいのです。」

Unit5 Living with Robots-For or Against

Part1 Starting Out

英語の新聞に、珍しい和だいこ演奏の紹介記事が掲載されました。
どんな演奏なのでしょうか。

科学技術が伝統に出会う
和太鼓を演奏しているこれらのロボットを見てください。
それらはもとは産業用ロボットとして作られました。
今やそれらはすばらしい演奏家です。
科学技術によってつくられる伝統的なリズムを感じてください。

Part2 Dialog

授業で「ロボットとの暮らし」をテーマに議論をする前に、2人が話しています。
光太が知っている日本製のロボットは、何ができるのでしょうか。

ロボットに興味はある?
ええ、特に日本製のロボットに。
それらに何ができるか知ってる?
ぼくはそれらのいくつかは歩いたり、話したり、それにボールをけったりすることさえできると聞いたよ。
そうなのよ。つい最近まで、それらのようなロボットはただの夢だったの。
きみが何を言おうとしているかわかるよ。
ぼくたちの夢が現実になりつつあるんだよね。
全くそのとおりよ。

Part3 Read and Think 1

授業での議論がはじまりました。
ディーパと光太は、ロボットについてどんな考えを発表しているでしょうか。

今日は、ロボットとともに生活することについて話しましょう。 ディーパ、あなたはどう思う?
私はロボットは多くの点でわたしたちを助けてくれるので、わたしたちの生活をより良くしてくれると思います。
いくつかのロボットは自動車やカメラのような製品を組み立てることができます。
それらは素早くそして正確にそれを行います。
他のロボットは、人々のかわりに危険な場所で働くことができます。
ぼくはある程度彼女に賛成です。
ぼくたちのために働いているロボットは驚くほどすばらしいです。
しかし、大きな問題もあります。
ロボットはとても効率がいいので、人々の仕事を奪っています。
ぼくは将来のぼくたちの仕事がなくなることが心配です。

Part4 Read and Think 2

ロボットについての議論が続きます。
咲とアレックスは、ロボットについてどんな考えを持っているのでしょうか。

いくつかのロボットは病院や家庭で働きます。
私はそれらは私たちの将来に必要だと思います。
年配の人々の数は増えています。
彼らが入浴したり買い物に行くときに、将来のロボットは彼らを助けることができるかもしれません。
そのとおりですが、ぼくはロボットと一緒に暮らすことが少し怖いです。
もしそれらが制御不能になったら、それらが何をするかぼくたちにはわかりません。
ロボットは機械です。 それらがぼくたちのパートナーになるには危険すぎます。
みなさん、ありがとう。
私の意見は、あなたたちはロボットとともに暮らす最良の方法について考え続けるべきだということです。
それが私たちの未来です。

Unit6 Striving for a Better World

Part1 Starting Out

英語の授業でベーカー先生がある本を紹介しています。
この本にはどんな人たちのことがのっているのでしょうか。

これは私がアメリカから持ってきた本です。
これらは私がその中で見つけた人々のうちの何人かです。
彼らはみんなノーベル平和賞の受賞者です。
あなたが以前に見たことがある人はいますか。

ノーベル平和賞受賞者
1アウンサンスーチー
2ネルソン・マンデラ
3ワンガリ・マータイ
4バラク・オバマ
5マザー・テレサ

Part2 Dialog

数日後、アレックスが咲に、ある映画のことを話しています。
どんな映画なのでしょうか。

ぼくは昨日、印象的な映画を見たよ。
何についての映画だったの?
それはアウンサンスーチーの人生についてだったよ。
彼女はベーカー先生が話していた女性かしら?
そうだよ。彼女はミャンマーの民主主義と人権のためにたたかう政治の指導者なんだ。
おもしろそうね。

Part3 Read and Think 1

映画を見たあと、咲がインターネットで読んだアウンサンスーチーの記事です。
軍事政権のもとで苦しむ人々のために、彼女は何を決意したのでしょうか。

政治に関する人生
1988年に、ミャンマーでは民主主義を求める運動がありました。
それに参加した非常に多数の人々が殺されました。
人々には強いリーダーを必要で、アウンサンスーチーに彼らに加わるよう求めました。
彼女は受け入れ、自分の国のために働くことを決心しました。
1989年に、政府はその運動を止めるため彼女を自宅軟禁に置きました。
彼女は合計で15年間閉じ込められましたが、彼女は決してあきらめませんでした。
1991年に、彼女はノーベル平和賞を受賞しました。
それは人々の注目を集めた賞でした。
世界は民主主義と人権のための彼女の努力を認めたのです。

Part4 Read and Think 2

記事の続きです。アウンサンスーチーの家族はイギリスで暮らしていました。
家族と離れて政治活動を続ける彼女に、どんなことが起きたのでしょうか。

私生活
1999年に、アウンサンスーチーの夫はがんで死にかけていました。
彼女はイギリスにいる夫を訪ねたかったのですが、彼女は苦しんでいる人々を置き去りにすることができませんでした。
結局、彼女はミャンマーにとどまり、彼と再び会うことはありませんでした。
それは彼らがともに決めた悲しい決断でした。
2010年に、彼女はついに解放されました。
彼女は今でも「故国を追われた人々、家のない人々、そして絶望した人々がいない」世界のためにたたかっています。
彼女が求める世界は簡単には来ないかもしれないが、彼女はそれのために努力を続けています。

Let’s Read2 The Green Door

ニューヨークに住む好奇心旺盛な青年ルドルフは、今夜も冒険を求めて町を歩いていました。とある歯科医院の看板の前で、ルドルフはチラシ配りの男から1枚のカードを受け取ります。

100ページ

ルドルフはそのカードを読みました。
それには「緑のドア」と、ただ3つの単語が書かれていました。。
同じようにカードを受け取った男の人は、自分のカードをルドルフの前に投げ捨てました。
ルドルフはそれを拾いました。
それはただの歯科医院の広告でした。
ルドルフは不思議に思い、再びそのカードを配る男性を通り過ぎて歩きました。
彼はその単語「緑のドア」と書かれたもう1枚のカードをもらいました。
多くのカードが道に捨てられていましたが、それらは全て歯科医のものでした。
「なぜ、ぼくは歯科医のものではなく、不思議なカードを受け取ったんだろう?」
ルドルフは冒険が彼を待っていることを確信しました。

101ページ

ルドルフには、カード配りの男の後ろに、最初の2階に歯医者といくつかの店が入っている建物が見えました。
彼はその建物に入り、3階へ上りました。
暗い廊下がありました。
左側に緑色のドアが見えました。
彼はドアまでまっすぐに歩いてノックしました。
ゆっくりと、そのドアは開きました。
若い女性がそこに立っていました。
彼女は顔色が悪く、弱っていました。
彼女は倒れはじめましたが、ルドルフは彼女を腕で受け止めて、部屋の中のソファーまで彼女を運びました。
しばらくして、その女性は目を開けました。
彼女はとても美しかったのですが、とてもやせていました。

102ページ

その女性はルドルフを見て、ほほえみました。
「私は気を失ったのかしら?」と彼女は言いました。
「3日間食べていないのよ」
「ああ、なんてことだ!」と、ルドルフは叫びました。
「待ってて!すぐに戻ります」
彼は部屋の外に走り出て、たくさんの食べものを持って戻ってきました。
「食べないでいるなんてとんでもないです!」とルドルフは言いました。
その女性は食べ始めて、彼女自身のことについて話ました。
彼女の話はなにも新しいものではありませんでした。
彼女は病気になって仕事を失ったのです。
彼女はお金を使い果たし、希望もなく部屋にいたのでした。
そのとき、彼女は緑のドアのノックを聞いたのです。

103ページ

「それで、あなたはこの街に家族や友達がいないのですね?」とルドルフはたずねました。
「ええ、だれも」とその女性は答えました。
「ああ、眠くなりましたが、気分はずっと良いです。ありがとう」
ルドルフは言いました。「それでは、おやすみなさい。明日、あなたの様子を見に戻ってきます」
「でも、あなたはなぜ私のドアをノックしたのですか」と、彼女はドアのところでたずねました。
ルドルフは彼女にそのカードについて話すべきではないと思いました。
「間違ったのです」と彼は答えました。
彼はドアが閉まる時、彼女のほほえみを見ました。
ルドルフは廊下をより注意深く見回しました。
彼はその階の全てのドアが緑色であることに気づきました。

104ページ

ルドルフは通りにでて、カード配りの男に「なぜ君はぼくにこれらのカードをくれたんだい?」とたずねました。
男は通りの先の劇場を指さしていいました。「それらは新しいショーのだよ。歯医者のカードといっしょに配っていたんだ」
劇場の入り口の上に、「緑のドア」と書いてある大きな看板がありました。
それは劇のタイトルだったのです。
家に帰る途中で、ルドルフは彼の1日について考えました。
「とにかく、ぼくは運命がぼくを彼女に導いたと信じている!」と心の中でつぶやきました。
冒険はいつでもすぐそこにあります。
…あなたがそれを探していれば。

Let’s Read3 An Artist in the Arctic

106ページ

1枚の写真が星野道夫の人生を変えました。
彼は大学生で、ある日アラスカについての本を見ていました。
その本の1枚の写真が彼の注意をひきつけました。
それは荒野に囲まれた小さな村の写真でした。
道夫は自分でその場所を訪れて体験したいと思いました。
彼はその村の村長に手紙を書きました。
6か月かかりましたが、村長は返事をくれました。
彼は道夫をアラスカに招き、道夫の夢が実現しました。

107ページ

ひと夏の間、道夫はそのアラスカの村でイヌイットの人々の中で生活しました。
彼はイヌイットの食べ物、家族の生活、そして文化についても学びました。
彼は都会の便利なものがなくても生きていくための技術も学びました。
イヌイットにとって、生活は自然を理解することにかかっています。
彼らは肉を求めて狩りをし、食べ物を求めてブルーベリーを集めなければなりません。
道夫は人間と動物がいかにその土地をわかち合うかを見ました。
その夏、彼もアラスカの荒野の一部になりました。

108ページ

道夫は日本で大学を終えたあと、彼はアラスカに戻りました。
19年間彼は写真家としてアラスカ中を旅しました。
彼は野生の動物の写真を撮るために、厳しい天候の中でしばしばキャンプしました。
道夫はイヌイットが彼に教えた生き残るための技術を実際に使いました。
かつて、彼はカリブーの写真を撮るためにツンドラまで飛行機で行ったことについて書きました。
彼は1か月間そこに1人で滞在しました。
飛行機が彼のもとを去ったとき、道夫は広大な荒野で孤独を感じました。
しかしそれ以上に、彼は信じられないほど自由であると感じました。

109ページ

道夫は彼の写真で自由と驚きの感情を示そうと試みました。
彼はホッキョクグマの楽しげな写真や北極の山々の荘厳な写真をとりました。
1996年に、カムチャッカ半島で1人でキャンプしていたとき、彼はクマに殺されました。
「わたしたちには人生は一度しかありません」と道夫は書きました。
彼の人生は急に終わってしまいましたが、道夫は写真家としてほんとうに幸せだったように思われます。
彼は仕事を愛し、そしてアラスカを愛しました。

110ページ

道夫の写真の中で、アラスカの美しさは永遠に私たちとともにあるでしょう。
それが写真のふしぎな力です。
しかしながら、アラスカの荒野は地球温暖化が原因で変わりつつあります。
北極の氷河は溶けつつあります。
道夫が写真をとったホッキョクグマやアザラシは狩りや、食べ物を捕ることができません。
カリブーの生息地はより小さくなりつつあります。
イヌイットでさえ彼らの伝統的な生活様式を失っています。

111ページ

アラスカの荒野は道夫にとって特別でした。
彼はそれを私たちとわかち合うために、そして地球上のいのちの大切さをわたしたちに示すために、写真を使いました。
道夫自身の人生は1枚の写真が原因で変わりました。
もしかすると、彼の写真もまた誰かの人生を変えるかもしれません。
おそらく道夫のアラスカの写真は、私たちが分かち合う美しい地球について考えるよう促すでしょう。

タイトルとURLをコピーしました